葉山の町政

葉山町長室

最終更新日:2014年5月22日

葉山町長の山梨 崇仁(やまなし たかひと)です。
葉山町長 山梨崇仁

 葉山町長の山梨 崇仁(やまなし たかひと)です。

 当町は、東京から南へ約50キロメートル、三浦半島の入り口に位置しています。南北4キロメートルに及ぶ西向きの海岸線と広大な山々を有しており、歴史・文化・芸術、風光明媚で温暖な別荘地、その代表の御用邸のある町として日本中に知られています。

 美しい大自然に包まれ、町民の皆様が健康でいきいきと暮らせる町、そこに息づく温かい人々の心、それが葉山の魅力です。そして、先の東日本大震災を経て、その人々の温かい心の絆、地域のつながりが、いまの葉山町の根幹を支えていることを実感しています。これこそが、将来へ受け継がなければならない、大切な葉山の財産だと思います。私は行政の長としてそういった財産をしっかりと守り、将来の子どもたちへ受け継いでまいります。

 一方で、「変わり続ける」葉山の姿も感じていただかねばなりません。お客様目線のサービス提供を常に考え、その先を提案できる葉山町行政へ。

 葉山町にご期待いただく皆様の想いを常に背負い、新しい時代を築いていく力が一つとなり「葉山の力」となるよう、末永いご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 また、より多くの方々が当町を訪れ、素晴らしい自然や文化に触れていただければ幸いです。ご来町心よりお待ち申しあげます。