葉山で暮らす

災害時看護職等ボランティアの募集

最終更新日:2014年4月1日

事前登録者を募集します

 大地震等の災害発生時において、看護職等ボランティアとして活動する人を事前に登録し、医療活動を迅速かつ効果的に行うことを目的として募集します。
 葉山町・逗子市と逗葉医師会、逗葉歯科医師会、逗葉薬剤師会、(公財)逗葉地域医療センターで医療救護班を編成し、その一員として活動していただきます。

登録条件 : 葉山町に在住・在勤の保健師、助産師、看護師、准看護師、歯科衛生士の有資格者で、災害時医療救護班として活動ができる人
登録方法 : 登録申込書をダウンロードしてご記入いただき、保健センターに免許証と一緒に提出してください。登録申込書は、役場健康増進課、保健センターにもあります。

登録申込書ダウンロード(PDF 9KB)  

災害時看護職等ボランティアのQ&A

何をするの?
医療救護所において、主に創傷、打撲、骨折等の外科的負傷者のうち、軽・中傷者に対する応急手当や、慢性疾患患者の診療介助などを行います。
何日くらいの活動?
被災後、3日~1週間が目安です。
登録したら、絶対活動しないとだめ?
あなたと家族の安全が確保できた時点からの活動参加をお願いします。まずはあなたの大事な人の命を守ってください。そして、その後にあなたの地域の人の救護にご協力ください。
どこで活動するの?
葉山町には4か所救護所があります。葉山小学校、上山口小学校、長柄小学校、葉山町保健センターです。
ずっとブランクがあり不安です。
活動は「逗子・葉山地区災害時医療救護ガイドライン」に基づいて行います。また、定期的に研修会を開催しますので、登録者には事前にお知らせします。
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:保健センター
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-875-1275