葉山で暮らす

外来生物の被害でお困りの方へ

最終更新日:2014年12月16日

 特定外来生物に指定されているアライグマ、タイワンリス、外来鳥獣に指定されているハクビシンによる被害が町内全域で発生しています。
 環境課では、捕獲ワナの貸し出し、捕獲された場合の回収を実施しています。
 いずれの費用も無料ですが、捕獲の際の餌はご自身でご用意して頂きます。

捕獲ワナについて

 お電話でのお申込のうえ、ご来庁していただき、申込書に必要事項を記入して頂きます。
 車でお越しの方は持ち帰りも出来ますが、アライグマ用の捕獲ワナは大きいので、配達することも出来ます。
 注意事項として、捕獲ワナにかかっているかどうか、毎日必ず見回りをお願いします。

回収について

 捕獲ワナにアライグマ、ハクビシン、タイワンリスがかかった場合、回収に伺います。
 回収依頼のご連絡は、午前8時30分から午後5時までの間にお願いします。土曜・日曜・祝祭日も回収しております。
 タヌキやネコ、ハト等の在来種の動物につきましては、捕獲の対象ではありませんので、捕獲ワナにかかってしまった場合はご自身で放して頂くことになります。

アライグマ・ハクビシンの特徴

アライグマタヌキハクビシン
アライグマ タヌキ ハクビシン
アライグマ全身顔の模様足跡
尾の縞模様が特徴 アライグマ
指は5本で細長い
体重は4~10kg
木登りや泳ぎが得意
毛並みは灰色
夜行性
手先が器用のため、トウモロコシの皮を剥いたり、スイカの皮に丸い穴を開けたりして食べます。
好物はバナナやリンゴ、スイカ、ドッグフード等で、魚はネコが捕獲されてしまうので適しません。
タヌキ全身顔の模様足跡
肩が黒いのが特徴 タヌキ
指は4本で、犬に似る
体重は3~5kg
毛並みは茶色
昼も夜も行動
 
手先が器用ではないため、イヌのように食い散らかします
※背中あるいは全身の毛が抜け、かさぶた状になっているものは、疥癬症のタヌキですので、環境課までご連絡ください。捕獲後、動物病院に搬送して治療いたします。
ハクビシン全身顔の模様足跡
鼻から額にかけてある白い帯が特徴 ハクビシン
鼻先はややピンク色
体は細く、尾が長い
指は5本
木登りが得意で、電線の上も歩く
果実が好物なので、木に登って食べます。ブドウの皮等はきれいに残します。

タイワンリスの特徴

  • 果樹等被害(柑橘類・柿等)
    タイワンリスは餌場を共有する性質があり、他の個体が食べているのを見ると、集団で押し寄せて食べつくしてしまいます。
  • 樹皮剥ぎ被害
    食べ物がなくなると、樹液をなめるために木の皮をかじってはぎます。ひどい場合は枝が落ちたり、枯れて倒れたりしてしまうこともあります。
  • 生活被害
    雨戸の戸袋の中に巣をつくったり、木戸をかじったりします。また、電線をかじって停電を招くこともあります。
タイワンリス タイワンリス
体長は、30センチ~50センチ
体重は、300グラム~500グラム程度
昼行性
グワッグワッやコキコキといった特徴的な鳴き声
ゆず等の柑橘類やリンゴ、キウイ、バナナが好物で、ヒマワリの種やピーナッツ等は1年中入手しやすく、日持ちもするので撒き餌として使いやすいです。
 被害にお困りの方や、被害を未然に防ぎたい方は、お気軽にご連絡ください。
 アライグマ・タイワンリス被害の撲滅のためには皆様の捕獲が不可欠です。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:環境課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717