葉山で暮らす

し尿汲取り、浄化槽の清掃・点検

最終更新日:2015年5月25日

し尿汲取り

 し尿汲取りの依頼は以下の許可業者のいずれかに直接お申し込みください。
 汲取り料金については、直接業者に確認をお願いします。

※し尿汲取りの際に異物の混入がたいへん多くみられます。
 トイレにはし尿とトイレットペーパー以外のもの(おむつ、タバコ、下着等)は投入しないでください。
業者名電話番号
(有)葉山興業875-0643
(有)葉山衛生社875-3075

浄化槽をお持ちの皆様へ

 浄化槽は、微生物の働きを利用して「し尿」や「し尿と生活排水」を処理する装置です。
 日頃の管理が不十分ですと機能が低下し、悪臭が出たり、放流水が悪化するなど私たちの環境を汚染する原因となります。
 豊かな水環境を守るため浄化槽は正しく管理しましょう。
 浄化槽を正しく管理するために「清掃」「保守点検」「法定検査」の三つが浄化槽法により義務付けられています。

浄化槽一般のご相談・・・
鎌倉保健福祉事務所 環境衛生課
電話0467-24-3900(代)

浄化槽管理

1.清掃

 浄化槽を使用していると、槽内に汚泥がたまり、これが増えすぎると浄化槽の機能が低下してきます。
 そのため、汚泥の除去や装置の洗浄などを目的とした清掃が必要となります。

※清掃時に異物の混入がたいへん多くみられます。
 トイレにはし尿とトイレットペーパー以外のもの(おむつ、タバコ、下着等)は投入しないでください。

清掃回数

 浄化槽の種類ごとに「浄化槽法」で次のとおり清掃の回数が義務付けられています。

浄化槽の種類 清掃回数 備考
分離接触ばっ気式など 年1回以上 一般家庭で使用されているもの
全ばっ気式 おおむね6か月に1回以上  
  • 清掃の実施後は、浄化槽のタンク内に水張りをし、モーターを稼動させてください。
  • 清掃の実施記録を3年間保存してください。
申し込み先

 清掃は、以下の許可業者のいずれかに直接お申し込みください。
 清掃料金については、直接業者に確認をお願いします

業者名 電話番号
(有)葉山興業 875-0643
(有)葉山衛生社 875-3075
2.保守点検

浄化槽の機能を十分に発揮させるため、浄化槽の内部や附属機器類の動作状況、放流水の水質などを調べ、異常や故障が発生しないように、定期的に保守点検を行う必要があります。

保守点検の回数
合併処理浄化槽
処理方式 浄化槽の種類 期間
分離接触ばつ気方式、嫌気ろ床接触ばつ気方式又は脱窒ろ床接触ばつ気方式 1 処理対象人員が20人以下の浄化槽 4か月に1回以上
2 処理対象人員が21人以上50人以下の浄化槽 3か月に1回以上
活性汚泥方式   1週に1回以上
回転板接触方式、接触ばつ気方式又は散水ろ床方式 1 砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽を有する浄化槽 1週に1回以上
2 スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有する浄化槽(1に掲げるものを除く。) 2週に1回以上
3 1及び2に掲げる浄化槽以外の浄化槽 3か月に1回以上
単独処理浄化槽
処理方式 浄化槽の種類 期間
全ばつ気方式 1 処理対象人員が20人以下の浄化槽 3か月に1回以上
2 処理対象人員が21人以上300人以下の浄化槽 2か月に1回以上
3 処理対象人員が301人以上の浄化槽 1か月に1回以上
分離接触ばつ気方式、分離ばつ気方式又は単純ばつ気方式 1 処理対象人員が20人以下の浄化槽 4か月に1回以上
2 処理対象人員が21人以上300人以下の浄化槽 3か月に1回以上
3 処理対象人員が301人以上の浄化槽 2か月に1回以上
散水ろ床方式、平面酸化床方式又は地下砂ろ過方式   6か月に1回以上
主な点検項目等

 害虫の駆除、モーターなどの点検、報告書の作成、簡易な水質検査、消毒薬の補給など

保守点検業者の照会先

 保守点検を委託する場合は、県知事の登録を受けた「浄化槽保守点検業者」と契約を結び、定期的に実施してください。

照会先 担当課 電話番号
鎌倉保健福祉事務所 環境衛生課 0467-24-3900(代)
3.法定検査

 浄化槽を新しく設置した場合は、使い始めてから3か月を経過した日から5か月以内に、その後は1年に1回検査を受けることが浄化槽法で義務付けられています。

主な検査内容等
外観検査
悪臭の発散、水漏れ、破損状況、蚊やハエの発生、放流水の色、消毒薬の補給状況などについて検査。
水質検査
pH(水素イオン濃度指数)、溶存酸素(DO)、透視度、生物化学的酸素要求量(BOD、6カ月検査のみ)などについて検査。
書類検査(今までの記録を診断)
清掃の記録、前回の検査記録、保守点検の記録について検査。
法定検査の申し込み方法

 浄化槽の法定検査は、県知事の指定する検査機関が行います。
 下記の機関へ直接電話かハガキで申し込んでください。

検査員は制服・制帽・左胸に名札をつけ、身分証を持っていますので確認してください。

検査機関名 所在地 電話番号
(社)神奈川県生活水保全協会 横浜市磯子区洋光台6丁目1-1
洋光台ファミリーコアビル3F
045-830-5720
こんなとき・・・
1 悪臭がする
原因 処置
清掃時期が過ぎている 清掃する。
電源(コンセント)がはずれている。
(電気を使う浄化槽の場合)
コンセントを差し込む。(場合によっては清掃する。)
メーカー、施工業者、保守点検業者等にみてもらう。
ブロアーやモーターが故障している。
(電気を使う浄化槽の場合)
薬品や洗剤を使用した。 メーカー、施工業者、保守点検業者等にみてもらう。
医薬品(抗生物質等)を常用している人がいる。
臭突の高さ及び位置が不適当。(電気を使わない浄化槽の場合) 臭突を軒上までのばし窓のそばは避ける。
2 汚物が流れる
原因 処置
清掃時期が過ぎている。 清掃する。
電源(コンセント)がはずれている。
(電気を使う浄化槽の場合)
コンセントを差し込む。(場合によっては清掃する。)
ブロアーやモーターが故障している。 メーカー、施工業者、保守点検業者等にみてもらう。
浄化槽の設備の相談
名称 住所 電話番号
鎌倉市管工事業協同組合 鎌倉市御成町6-24 0467-22-4131
逗葉管工事業協同組合 逗子市山の根3-5-8 046-873-5125
浄化槽一般の相談
名称 住所 電話番号
鎌倉保健福祉事務所
環境衛生課
鎌倉市由比ガ浜2-16-13 0467-24-3900(代)
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:環境課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717