葉山で暮らす

PM2.5の状況について

最終更新日:2014年4月1日

 神奈川県では、大気汚染防止法に基づき、PM2.5を含む大気汚染物質の常時監視を行い、毎日の測定結果を公表しています。

※12月5日から、13時の高濃度予報を新たに追加しました。


<高濃度予報テレホンサービス>
045-210-5980

<神奈川県ホームページ>
微小粒子状物質(PM2.5)について  
毎日8時と13時までに、当日の高濃度予報が更新されます。

※右のバーコードを対応した携帯端末で読み取ることでも、同じページに移動できます。

高濃度予報が発表されたら
 呼吸器系や循環器系疾患のある人、小児、高齢者等は、体調に応じてより注意して行動しましょう。そのほかの対応については、微小粒子物質(PM2.5)に関するQ&A(PDF 235KB)  でご確認ください。

 PM2.5とは、大気中に浮遊している粒子状物質のうち、直径2.5μm(0.0025mm)以下のものをいい、すすや土ぼこりのようなものと、化学物質が変化して生じるものとがあります。発生源としては、工場・事業場、自動車や野焼きなどがあり、県内だけでなく広域に及んでいます。また、大気中に長時間滞留・移動するため、発生源と濃度の高い地域が一致するとは限りません。
 環境基準は、1年平均値が15μg/m3以下かつ、1日平均値が35μg/m3以下であることとされており、1日平均値が70μg/m3を超えると、健康影響が現れる可能性が高くなると考ええられています。

関連するページへのリンク
 神奈川県環境科学センターのページへ  
 町の環境のページへ
このページの内容に関するお問い合わせは・・・

お問合せ先:環境課
開庁時間:8時30分~17時00分
閉庁日:土・日曜日、祝祭日、年末年始
電話番号:046-876-1111 ファックス番号:046-876-1717